Protectionシリーズ

抗凝固療法の普及により生じた新たな課題として、心房細動患患者や静脈血栓症患者における患者像の多様化が挙げられます。
そういったさまざまな背景を持つ患者さんのより良い暮らしのため、血栓症から患者さんを守る "Protection" をテーマにご専門の先生方より、診療の現状や治療における考え方についてご紹介いただいております。

第1回:脳梗塞急性期における抗凝固療法

第1回:脳梗塞急性期における抗凝固療法

(掲載日:YYYY年MM月DD日)

国立病院機構 九州医療センター 脳血管センター 部長
矢坂 正弘 先生

第2回:非弁膜症性心房細動(NVAF)患者に対する抗凝固療法

第2回:非弁膜症性心房細動(NVAF)患者に対する抗凝固療法

(掲載日:YYYY年MM月DD日)

国立病院機構 九州医療センター 脳血管センター 部長
矢坂 正弘 先生

第10回:静脈血栓塞栓症(VTE)治療における抗凝固療法の重要性

第10回:静脈血栓塞栓症(VTE)治療における抗凝固療法の重要性

(掲載日:YYYY年MM月DD日)

地方独立行政法人 桑名市総合医療センター 副病院長 循環器センター長
山田 典一 先生

第1回:心房細動診療および抗凝固療法の変遷

第1回:心房細動診療および抗凝固療法の変遷

公益財団法人 心臓血管研究所 付属病院 院長
山下 武志 先生

第2回:multimorbidityを考慮した抗凝固両方のポイント

第2回:multimorbidityを考慮した抗凝固両方のポイント

公益財団法人 心臓血管研究所 付属病院 院長
山下 武志 先生

第3回:DOACがもたらした変化と高齢者の抗凝固療法

第3回:DOACがもたらした変化と高齢者の抗凝固療法

公益財団法人 心臓血管研究所 付属病院 院長
山下 武志 先生

第1回:非弁膜症性心房細動(NVAF)患者に対する抗凝固療法

第1回:非弁膜症性心房細動(NVAF)患者に対する抗凝固療法

東邦大学大学院医学研究科 循環器内科学 教授
池田 隆徳 先生

第2回:抗凝固療法におけるリアルワールドエビデンスの重要性とイグザレルトの適正使用

第2回:抗凝固療法におけるリアルワールドエビデンスの重要性とイグザレルトの適正使用

東邦大学大学院医学研究科 循環器内科学 教授
池田 隆徳 先生

第1回:安定冠動脈疾患を合併する心房細動に対する抗血栓療法

第1回:安定冠動脈疾患を合併する心房細動に対する抗血栓療法

東邦大学医療センター 大橋病院 循環器内科 教授
中村 正人 先生

第2回:AFIRE Studyの意義と結果の活用法

第2回:AFIRE Studyの意義と結果の活用法

東邦大学医療センター 大橋病院 循環器内科 教授
中村 正人 先生

第1回:NOACの臨床試験を振り返って見えた国際共同試験の必要性

第1回:NOACの臨床試験を振り返って見えた国際共同試験の必要性

地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪国際がんセンター 名誉総長 大阪大学名誉教授
堀 正二 先生

第2回:J-ROCKET AFから見えてきた日本の実臨床の特性

第2回:J-ROCKET AFから見えてきた日本の実臨床の特性

地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪国際がんセンター 名誉総長 大阪大学名誉教授
堀 正二 先生

第3回:健康寿命から考える抗凝固両方の重要性

第3回:健康寿命から考える抗凝固両方の重要性

地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪国際がんセンター 名誉総長 大阪大学名誉教授
堀 正二 先生