出血を起こしたら

 
出血が気になる場合は、ご自身で判断せず、
すぐに連絡してください。
家庭でできる止血対策
ただし、以下にあてはまるときは、すぐにご連絡ください。
1 血便、血尿が出る
2 腫れ上がるような皮下出血(あおあざ)がある
3 上記の止血対策を行っても、血が止まらない
4 その他、出血が気になるとき
前のページへ   次のページへ
監修 : 日本医科大学多摩永山病院 院長
内科・循環器内科 教授
新 博次 先生